スポンサードリンク

採用されやすい面接対策

就職や転職をする上での悩みは、どなたにも多種多様に、数え切れないほどあると思います。

特に何度も面接で失敗していたら、就職活動自体が嫌になって来てしまいますよね。

ここは視点を変えて、採用する側の立場で考えてみませんか?

あなたは面接で絶対にしてはいけない事を知っていますか?

履歴書や職務経歴書を書く上で、採用され易い大事なポイントを知っていますか?

実は、書類選考や面接には採用担当者しか知らないある【 3つのポイント 】があるのです!!

人事採用担当者が教える失敗のしようがない3つのポイントとは?

大事なポイントを押さえれば、就職面接なんて怖くない!

きっと内定や採用が決まって、新たな人生がスタートできますよ。

【 3つのポイント 】をおさえて、就職や転職を成功させて下さい。
  ↓  ↓  ↓

失敗のしようがない就職・転職の3ステップ必勝法はこちら

さぁ、今すぐマスターして下さい。

Good Luck!

転職サイトを上手に利用

転職サイトは一杯ありすぎて迷うほどですね。

その転職サイト群からどれを選ぶかによって、早く転職できるかどうかも変わってきます。

転職情報を幅広く得たいときは、たとえば、

YAHOO!リクナビ(http://rikunabi.yahoo.co.jp/

楽天仕事市場(http://career.www.infoseek.co.jp)のサイトを見ると便利です。

転職に関係するサイトがリンクされています。

上記のサイトなどで、転職情報専門サイトをピックアップします。

リクルートの転職情報サイト・リクナビNEXT(http://rikunabi-next.yahoo.co.jp

ソフトバンクグループの転職情報サイト・イーキャリア(htttp://www.ecareer.ne.jp)などがあります。

これらのサイトでは、大量の求人情報を検索機能によって希望転職先を見つけることができます。

また、掲載されている求人情報が新聞などよりも詳しいサイトが多いくなっています。

自己が希望する企業であるかを調べたり、企業情報を知り自己PRのポイントをつかむのに役立ちます。

転職情報専門サイトは、多くの機能・サービスがついています。

ウェブ応募フォームや求人企業への問い合わせメール、自己の職歴やスキルなどを匿名公開して求人企業からのスカウトを待つスカウト機能、求人情報配信サービス、転職の知識やノウハウ等です。

会員登録をしないと使えない機能もありますが、通常無料ですので登録しておいて損はありません。

ただ、個人情報管理体制について説明のないサイトは、プライバシー情報流失の恐れがあるので注意しましょう。

また、求人情報が極端に少なかったり、古いなど運営に問題のあるようなサイトはさっさと切り捨てて、新たな転職サイトに乗り換えましょう。

確定申告と税金

給与をもらっていた会社員の方が、年度の途中で会社を辞めて自分で事業を興し、その事業に、先行投資や経費が多くかかり赤字だったとします。

この場合、赤字なので申告義務はありませんが、申告すると税金が返ってきます。

「退職するまでの給与」から税金(源泉所得税)が引かれていますが、年末調整をせず所得税の精算はされていませんので、正しく源泉されていると、給与所得と事業所得の損が通算されて源泉所得税の一部が返ってくるのです。

事業での必要経費と利益の差分をしっかりと把握しておきましょう。

この経費ですが、事業にかかったお金と、自分の生活にかかったお金はきちんと区別して、事業用として出費したものは全て領収証をもらっておきましょう。

退職金を受け取る場合は、会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出しておけば、会社が所得税額を差し引き、本人にかわって納付します。

このため、通常の場合、個人で申告する必要はありません。

奥さんがパートやアルバイトで働いている場合、奥さんの合計所得金額が38万円以下であれば、夫は所得税の配偶者控除を受けることができます。

つまり、奥さんの収入がパート収入だけの場合、その収入が103万円以下であれば給与所得控除額の65万円を差し引くと38万円以下となり、配偶者控除が受けられるということになります。

給与所得控除額は最低で65万円ですから、所得税の場合には基礎控除38万円をプラスした103万円以下でほかに所得がなければ税金はかかりません。

奥さんの所得もうまくコントロールして、余分な税金分の出費を抑えてもらいましょう。
タグ:確定申告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。